私のサイトに訪問いただきありがとうございます。

 

このサイトでは『汗の臭い』に関する情報と取り上げるとともに、いち早く汗の臭いを抑える為の対処方法をご紹介していきたいと思います。

 

汗は身体にとって大切な役割を果たしているのはご存知でしょうか!?

 

汗はただ止めればいいと言うわけではありません。上手に付き合っていくことが大切なのです。

 

なぜ汗はクサいの?臭う汗と臭わない汗の違いとは!?

 

汗の成分は、99%が水分で、残りの1%の中に塩分やアミノ酸、乳酸や尿素などのさまざまな成分が含まれています。

 

汗の主成分は水ですので、無色透明で汗自体も臭いはないんです。

 

ではなぜ汗が臭うのかを説明いたします。

臭いの原因とは?

汗は、汗腺と呼ばれる皮膚の中に存在し、全身に存在するエクリン汗腺と、脇や外陰部などに存在するアポクリン汗腺の2種類の汗腺があります。

 

良い汗から分泌される汗は、無色透明のサラサラした状態の汗という特徴があり、汗の成分の90%は水です。そのため、かきたての汗からは異臭はしません。

 

ただし、分泌した汗が衣服などについて、時間の経過とともに酸化することで汗臭い状態になってきます。

 

それに対して、アポクリン汗腺からの汗は強い臭いを発生させることでよく知られています。

臭いのキツイ汗

アポクリン腺から分泌される汗には、脂肪や尿素、アンモニアなどが多く含まれているため、独特の強い臭いを放つのです。

 

アポクリン汗腺は、全身に存在するエクリンン汗腺と違い、限られた場所に存在する汗腺です。

 

人によってはにおいが強くなってしまう、わきがという臭いが発生したりします。アポクリン汗腺から出る汗は、脂質やタンパク質などを多く含む乳白色の汗で、粘っこさがあるのが特徴です。

 

この悪い汗なんですが男性の方ですと特徴が現れます。汗をかいた後に脇を見てみて下さい!毛の根元に白い汚れが張り付いていませんか?

 

これは悪い汗の特徴です。気になる方はチェックして見てください!

汗をかく前の3つの対策方法とは!?

汗の対策方法は色々ありますが、まずはそれぞれの特徴を見ていきましょう。

食事と水分が重要!!

これは体質改善にもつながるといえ食事を整えることで内面から臭いのケアができます。内面からのケアとしてはまずは水分をしっかり摂取することが大切です。

 

水分が少ないと汗も粘つきやすくなるうえ水分をとることでデトックス効果を高めることができ臭いの原因になっている毒素が体から出ていきます。そのため水分補給をしっかりとすることが汗臭い原因を無くす方法の一つとして大切です。

野菜を多めに摂取し腸内環境を整える!!

腸内環境は体臭の原因になるアンモニアの発生に関連しているのは知っていますか?腸内環境を整えることで下痢や便秘など、アンモニアを発生させる腸内トラブルを予防することができるのです。

制汗スプレーでの汗対策!!

汗の臭いのもとは皮膚にいる常在菌などのバクテリアが皮脂や汗を吸収して必要以上に増えたことによって生成した代謝物です。そのため、すでに肌の上に菌が繁殖している状況で制汗スプレーをしてもあまり効果が望めません。効果的なのは汗がない清潔な状態の時にスプレーをすることです。そのため、汗をかく前に制汗スプレーをすることが大切です。

 

このように、汗をかく前の対策方法としては、食事や生還スプレーなどが有効であると考えられています。

 

食事は体質改善にもつながるといえ、食事を整えることで内面から臭いの原因を無くす事ができ、そのなかでも水分や野菜をしっかり摂取することで、汗の濃さを調節したり、腸内環境を整えたりすることができます。

汗をかいた後の対処方法とは!?

汗の対策で最も大切な事は汗を放っておかないことです。

 

汗の臭いは汗が出始めてから大体1時間から2時間と言われています。

 

早い場合ですと30分で臭ってくる場合もあるので、汗を臭わないようにするには汗をかいた後の対策をしっかりするようにしましょう。

タオルでしっかりと汗を拭く

汗をかいた後はタオルなどで必ず1時間おきぐらいには拭き取るように心がけてください。

 

また、汗をかいてそのままにしておくと、汗が皮脂などと一緒になって雑菌が繁殖します。

 

そうすると、雑菌の代謝によって生成した物質が臭いの原因になります。

 

ですので、汗をかいた時には少なくとも1時間以内にウエットティッシュや汗拭きシートなどを利用して汗を拭き取るようにすることが大切なのです。

水よりもスポーツドリンク

汗をかくと水とナトリウムが失われるので、水だけを摂取してもナトリウムが薄くなり、それを元に戻そうとして摂取した水分を尿として排出してしまいます。

 

そうなると、体から水分が逆に出てしまうので汗は濃くなります。

 

濃い汗は臭くなりやすいので汗をかいた後は、ナトリウムなどが含まれたスポーツドリンクなどを摂取することがおすすめです。

着ているのもにも注意が必要

汗が衣類にしみ込むことによっても臭いが発生してしまう原因となります。

 

消臭や抗菌作用がある下着を着用したり、脇パッドをつけて雑菌の繁殖をできるだけ抑える効果のある用品を活用することも効果的です。

早めにお風呂に入る

入浴は交感神経のリラックスにつながり汗を抑える作用もあります。

 

バスタブにコップ半分ほどの酢を入れるのもおすすめです。酢の中のクエン酸が汗腺から吸収され、血行がよくなります。

 

そうなると乳酸の発生が抑えられて、汗に含まれる体臭の原因となるアンモニアの量も減少します。

このように、汗をかいた後の対策としては、水分補給やウエットティッシュや汗拭きシートなどを利用して汗を拭き取る方法などがあります。

 

また、抗菌作用のある汗のケア用品を活用するのも効果的!また、入浴する場合は、36℃くらいのお湯で半身浴するのも血流改善という点でもおすすめです。

そもそも汗の原因ってなに?

 

汗は主に体温を調整するために出ていて、汗腺から水分を出しその水分を空気中に気化させて気化熱で熱を蒸発させて体温を調整しています。

 

汗の分泌は次のようなメカニズムで起こります。

 

まず、体温が上昇すると、血液から血漿が汗腺に吸収されます。血漿には体にとって必要なミネラル分などが含まれており、汗となる時にはこれらの必要な成分は再吸収されて、水分とわずかな塩分等が汗として皮膚から出ていきます。

 

実は汗の種類も2通りあって良い汗と悪い汗に分類されます。

 

因みにこのような汗は良い汗といわれ、血漿への再吸収がうまく機能している汗ほど、水に近いサラサラの汗で、濃度が薄く、蒸発しやすいため、あまり臭いは気にならない汗です。この良い汗は無臭なのが特徴です!

 

そして、気化熱による体温調節がスムーズに行われているということを示しているともいえるのです。

 

ところが、汗にまつわるトラブル悩んでいる人の中でいちばん多い悩みが汗の臭いが気になるということですよね!?本来は無臭である汗の臭いが気になるというのには理由があります。

まとめ

汗の臭いは周りにも不快感を感じさせてしまいますが、自分の自信も失う事に?がります。

 

一度、人から「あの人はかなり汗臭い」と言うイメージを持たれると、そのイメージは果てしなく続いてしまうので、特に夏場は気をつけたいものです。

 

そこで、私が特に夏場の汗臭さを解消するためにしている事がいくつかあるので、紹介したいと思います。

 

@食事は揚物や肉類を少し控える。

 

揚物や肉食は体臭を深めると聞きます。なので、特に夏場は控えたい食べ物だそうです。
そして反対に野菜に含まれるビタミンAは体臭を押さえる効果があると聞くので夏場は意識的に野菜を多く食べる様にしています。

 

Aエアコンの中に1日いると発汗センサーが休止してしまう。

 

職場ではエアコンの中にいる事は仕方ないとして、自宅でもエアコンの中にずっといると、発汗センサーが休止してしまい、外へ出た時やエアコンがない場所で掻いた汗が凄く臭いそうなのです。
なので、あえて自宅ではエアコンをつけない時間を持ったりする事を心がけています。

 

Bインナーはデオドラン効果のあるものを着る。

 

最近、デオドラン系のインナーが色々なメーカーから発売されています。
なので夏場はデオドラン系のインナーを着て、通勤電車やバスの中での体臭さが気にならなくなりました。

 

Cデオドラン用品は使い分ける。

 

デオドラン商品はスプレー式の物や、シートタイプのもの、クリームタイプのものと、それぞれの特徴があります。
私は真夏はワキにはクリームタイプのものを使用して、ふき取り用のシートタイプのものは必ずカバンに持参しています。

 

時と場合によってデオドラン用品を使いわける事で汗臭さを抑えられている気がしています。
夏場はどんな人でも汗が出ます。なるべく清潔に衛生的に過して周りに不快感を与えず、自分自身も快適に過ごしたいものです。

更新履歴